【コラム】採用だけではない、適性検査

“適性検査”というと主に採用場面で使うものというイメージがあるかもしれませんが、
弊社が扱っているCUBICも、
もともとは現有社員の分析のために開発されたものなのです。

そのため、組織診断という目的で適性検査を利用し
人事異動や人材開発、組織活性化などの様々な場面での
参考資料としても利用することができます。

採用活動では「この人と一緒に働くかどうか」を決めるための
参考資料として適性検査を用いますが、
現有社員に対して用いる場合は、既に一緒に働いている人たちの現状を知り
会社をどうしていくか」を決めるための参考資料となるのです。

組織診断を実施する目的は、組織の状態を定量的に把握することで
企業のビジョンを決めるための参考資料としたり
ビジョンの実現に向けた現状とのギャップを把握することにあります。

適性検査によって得た定量的なデータを基に、
ビジョン実現に向けた課題を探っていきます。

適性検査が様々な企業で利用されているのは
このように、多様な目的に合わせて利用できる点も大きいのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


適性検査CUBIC TRIUMPH Ver.Ⅱ ページ上部に戻る

適性検査CUBIC TRIUMPHのトップに戻る