▼定量化により、精度向上や振り返りをフォロー。
採用したい人物を見極め切れていない、面接官によって選考の精度にばらつきがある、選考・内定辞退が続く、早期離職・立ち上がりに時間が掛かる新人が多い…。適性検査それ自体を活用いただくための支援はもちろん、データを応用した基準設計や選考の振り返り・面接官向け研修や内定者研修までをサポートいたします。
 
▼選考・内定辞退防止にも活用いただけます。
なかでも、近年ご相談いただくことが多いのが内定辞退。せっかく苦労して採用した人材を逃さないためには、個性を見抜き適切な動機付けをすることが重要ですが、経験豊富な面接官でなければこれを見抜くのは難しいもの。トライアンフが開発した性検査CUBICは、このような候補者それぞれの動機付けポイントを可視化する機能を標準搭載しています。

例えば、公私の充実に対する関心が高い候補者には、趣味と仕事を両立している先輩の例を紹介すると働くイメージが湧きやすくなり入社動機を強めますが、適担当者の経験値に関わらず面接時・面談時の惹きつけ精度を高めることが可能です。