成果発揮モデルの根底を可視化・定量化

 
人材が職務で能力を発揮するには、知識・スキル・コンピテンシー等が必要ですが、それらの根底にあるのが資質です。能力発揮の要件は、資質の上に積み上げられるものと言われています。CUBIC TRIUMPH.verⅡでは人材の資質を測定し、性格的な「向き・不向き」を明らかにします。

測定領域

 
 

CUBIC TRIUMPH ver.Ⅱ 性格検査で見抜けること

 

主要項目 見抜けること

どういう性格・パーソナリティか

成人後は変わりにくい根本的な性格・気質、本質的な向き・不向き

ストレス耐性

どのようなことにストレスを感じるか、その耐性はどうか

基礎的な職場場面での社会性

組織の中で円滑に職務を進め、成果を上げる要素を持ち合わせているか

どういうことに意欲・ヤル気を出すか

どのような環境であればパフォーマンスが高まるか

自己認識

入社後、マネジメントをする際に問題となる点はどこか

面接時のポイント

回答の矛盾や危険な因子の組み合わせがあるか

どういう関心事・興味領域を持っているか

どのような分野に興味を持っているか、強みがあるか

キャリア志向

働く上で大切な価値観は何か

→測定項目内容の一覧はこちら
→因子の定義はこちら
 
 

個人特性分析(採用用適性検査)

 
1.性格、2.ストレス耐性、3.社会性、4.意欲を測定します。採用用では「面接時の注意点」や「自己評価」なども出力されます。また貴社で確認したい項目だけを選び貴社の基準を設定し、基準に達しているかどうかを一目で判断できます。
 


→帳票サンプルを拡大

→帳票サンプルを拡大


 
 

能力検査(学力検査)

5科目(言語、数理、図形、論理、英語)、計32種類の問題から8つまで選択可能です。
WEB受検の場合は計13種類となります。


→帳票サンプルを拡大

→帳票サンプルを拡大


 

→その他帳票のご案内はこちら
→能力検査の受検時間等詳細はこちら