新卒採用 | 中途採用 | 組織診断”全てで
活用できる適性検査

「ストレス耐性」「性格・資質」「キャリア志向」
「コミュニケーション力」「組織活力」・・・
採用・組織場面のカルチャーマッチングを実現。
適性検査CUBICで、人事・採用を一歩先へ。

お問合せ 紹介動画を見る
適性検査で課題を解決します

こんなお悩みをお持ちなら。

私たち株式会社トライアンフは、年間1,000社のクライアントに人事・組織・採用に関連したコンサルティング・アウトソーシングサービスを提供しています。採用基準設計や研修、組織改善まで実施してきた事例を活かして、適性検査というツールを用いながらも貴社の採用・人事課題を解決するご提案をいたします。

採用に関する課題

採用したい人物を見極め切れていない、面接官によって選考の精度にばらつきがある、選考・内定辞退が続く、早期離職・立ち上がりに時間が掛かる新人が多い…。適性検査それ自体を活用いただくための支援はもちろん、データを応用した基準設計や選考の振り返り・面接官向け研修や内定者研修までをサポートいたします。

組織・人事に関する課題

離職が続いている、従業員に元気がない、適性にもとづき配置・配属を行いたい…。人物や組織の現状を定量化・課題を抽出するコンサルティングサポートや、解決のためのツール作成・制度設計・研修までをサポートいたします。

お陰様で多くのお客様にご満足頂き、継続利用頂いています

適性検査CUBIC トライアンフ顧客データ

1156
ご契約社数
94.0 %
ご利用満足度※1
93.6 %
継続利用率※2


※1:平成28年7月11日(月)~7月31日(日)に実施した顧客満足度調査より、適性検査利用顧客を抜粋して集計
※2:2015年6月より2016年5月迄のご契約状況より算出
セミナーのご案内やバージョンアップのお知らせなど

新着情報

【追加】セミナー情報

トライアンフでは、月に1~2度、適性検査CUBICのご導入を検討しているお客様向けにセミナーを実施しています。選択の観点、弊社検査含めた検査の良し悪し、活用の幅を弊社コンサルタントがご紹介。少人数制なので、貴社の採用事情に合わせてご説明いたします。

【コラム】適性検査の限界

適性検査の結果データを読んだ上で面接に臨んで評価が分かれたら、適性検査の信頼性に問題があるか、本人が厚いお化粧をして面接をしている可能性が高いのです。

【コラム】適性検査の歴史

世界で初めて、優秀な人材を採用しようと試験を行ったのは、官吏登用試験制度の「科挙」であるといわれています。この試験制度は、19世紀の西洋・日本の試験制度に大きな影響を与えたといわれています。

【コラム】適性検査の利用方法

未来の担い手である社員を採用する採用活動は慎重に進める必要があり、適性検査はそんな時に非常に有用なツールです。また、入社してからも「社員研修」「配属」に対しても有効活用できます。

性格は変わる?

「3歳までの子育てが全て」という説もあれば、「10歳頃までの教育で決まる」とも言われています。
いずれにせよ、大方の性格は子どもの頃に決まるということになりますが、成人後に性格を変えることはできないのでしょうか。




適性検査CUBIC TRIUMPH Ver.Ⅱ ページ上部に戻る